Jリーグコラム

2018年Jリーグの熾烈な残留争い!降格するチームを大胆予想

やまもん
やまもん
どうも。管理人のやまもんです。

今季(2018年)のJ1は異常なほどの混戦模様となっております。

優勝争いは首位の広島と2位の川崎が抜けている状況なのですが、中位~下位は団子状態です。

⇩第27節終了時点の順位表です⇩

やまもん
やまもん
ご覧の通り、残留争いは熾烈過ぎます。

今季のJリーグはどこが降格するのか?未だに全く見えてきません。

そこで今回、誠に勝手ながら降格チームの予想をしてみました。

やまもん
やまもん
あくまで超個人的な予想ですので聞き流してください。

10位の清水あたりまでが降格危機?

今季のJリーグは17位、18位がJ2へ自動降格。

そして16位がJ2チームとの入れ替え戦を戦うことになります。

現在16位のチームは柏レイソルで勝点は30。

そして10位の清水の勝点は34。

10位と16位の勝点差がたったの4しかありません。

よって10位でもまったく気が抜けない状況なんです。

なんなら、イニエスタ擁する9位神戸は勝点36です。

9位の神戸でもまったく気が抜けない状況にあるのです。

やまもん
やまもん
最近の試合では、下位のチームが勝点を着実に積み上げており、それが原因で残留争いが激化している。

2018年のJ1は残り7試合となりましたが、未だに降格チームが全く予想できないスクランブル状態となっています。

下位チーム~中位チームのサポーターはハラハラドキドキで夜も眠れない日々が続いているに違いない。

 

J2降格最有力チームはどこ?

個人的にJ2降格の可能性が高い!と思ったチームは2クラブ。

順番に見ていきましょう。

ファン・ファーレン長崎

降格の可能性が最も高いと思われるチームは、現在最下位に沈む長崎でしょう。

しかし!なぜか、ここにきて、連勝を記録。

必死に残留争いに食らい付いている長崎。

やまもん
やまもん
鈴木武蔵が存在感を発揮している!

長崎の残り7試合の対戦カードは、残留争いのライバルとの試合が5試合あり、直接対決で勝利できれば、残留の可能性がグッと高まるのは間違いない。

しかしながら、残留争いのライバルたちとは、明らかに戦力が劣っているのも事実。

なので私個人的には、直接対決に敗れる可能性は高いと思います。

それプラス、得失点差がマイナス16で断トツに悪い数字となっているのも痛いです。

18位という順位的にもそうですが、間違いなく降格の最有力候補と言えるでしょう。

柏レイソル

昨季リーグ戦で4位フィニッシュし、ACL出場権を獲得した柏レイソル。

今季も上位に食い込むことが予想されていたチームの1つです。

日本代表の中村航輔、伊東純也や、強力助っ人外国人のクリスティアーノら、実力者も少なくない。

戦力的に見れば、なぜこのチームが残留争いに巻き込まれているのか?不思議なくらいです。

やまもん
やまもん
まさか柏が残留争いに巻き込まれるとはビックリっす!

昨年からチームの指揮を執っていた下平監督に代わり、現在は柏レイソルOBである加藤望が監督となっている。

しかし、この加藤監督になってから、チーム状態はさらに悪化したように思います。

柏サポーターからも、加藤監督解任を臨む声が非常に多いようです。

やまもん
やまもん
確かにやりたいサッカーが見えてこないし、内容も良くない試合が多いよね。

私が柏レイソルを降格争いの有力候補に選んだのには、加藤監督の手腕が理由というのもありますが、1番の理由は残り7試合の対戦相手が非常に厳しい!というところが最大の理由です。

浦和、広島、川崎、鹿島、C大阪などといった手強い相手との試合がたくさんあるので、残留の期待が薄れるのも無理ありません。

柏の個の能力は決して低くないので、監督次第では上位チームとも互角にやり合えるのですが、加藤監督では厳しいような気がします。

 

入れ替え戦に回るのはどこ?

長崎と柏が自動降格する!というのが私の予想です。

では、続いて16位で入れ替え戦に回るチームを予想してみます。

正直、まったく予想できません!

なぜなら、どのチームもある程度の戦力を持っており、調子が上向いているチームも多いです。

やまもん
やまもん
16位の予想は困難を極めます。

名古屋は大型補強し、中断明け怒濤の連勝で順位UP。

鳥栖、G大阪も直近の試合では、確実に勝点を積み上げている。

横浜、湘南は明確なスタイルを貫いて、ブレがない。

磐田は経験豊富なベテランが多数在籍し、経験値がある。

清水はしぶとい戦いができて、試合を決めるFWがいる。

どのチームも残留争いを抜け出せるだけの実力を持っているチームと言える。

やまもん
やまもん
もう運次第!と言いたいくらいです。

そんな難しい予想ではありますが、その中でも1チームだけ入れ替え戦に回るチームを選べ!というのなら

個人的には、個の能力で劣る湘南でしょうか。

湘南以外のチームは試合を決めることのできるストライカーがいるのだが、湘南には試合を決めるストライカーがいない!

やまもん
やまもん
ストライカーの不在は重大な不安要素である。

 

J2降格チームの枠が1つ減少する?

現在J2で1試合消化が少ない中、2位につけている町田。

この町田がJ1自動昇格圏の2位以上になった場合は、J1のJ2降格枠が1つ減少するというのだ。

というのも、町田は現時点でJ1のライセンスを所持しておらず、仮にJ1昇格が叶う順位でフィニッシュしても、規定により、J1へは昇格できない。

よって、今のままの順位でJ2が決着すれば、J1の18位のみが自動降格し、J1の17位が入れ替え戦に回ることとなる。

J1で残留争いしているチームにとっては、非常にありがたいことですよね。

ただし、町田のすぐ下(3位、4位)のチームも最近の試合では、勝点をしっかりと積み上げてきており、どうなるか?は最後までわからない状況です。

やまもん
やまもん
マリノスを応援している私は全力で町田を応援している。(内緒)

 


まとめ

以上、2018年J1リーグの熾烈過ぎる残留争いの予想でした。

自動降格(17位&18位)は柏と長崎の2チーム。

そして入れ替え戦(16位)に回るチームが湘南。

これが私の降格チーム予想です!!

J1ラインセンスを保持していないJ2の町田が頑張ってくれれば、J1の熾烈な残留争いも少しは穏やかになるのですが・・・。

果たして、最終節に泣くのは、どのチームになるのでしょうか?

やまもん
やまもん
今季のJ1残留争いは、最後まで目が離せませんね!

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。