Jリーグ観戦記

2019J1第28節「磐田vs横浜」横浜が優勝へ向けて確実に勝ち点3をGET

やまもん
やまもん
どうも。ファンタジスタブレイン管理人のやまもんです。

今回のマッチレビューは、私が愛してやまない横浜Fマリノスの試合です。

首位FC東京を勝ち点差4で追う横浜は、最下位の磐田と対戦。

結果は2-0で横浜の勝利!

やまもん
やまもん
ヒヤヒヤする場面もありましたが、何とか勝ってくれました!

この記事では、この試合を見て感じたことをつらつらと書いていこうと思います。

横浜の快足アタッカーが本来の姿を見せた

最下位の磐田は高い攻撃力を誇る横浜相手に、勇敢にもDFラインを低めに設定せず。

その結果、仲川が何度も良い形で磐田の裏へ抜け出し、チャンスを作り出していた。

マテウスはそうでもないが、仲川とエリキはDFラインの背後を狙うプレーを得意としているので、この試合ではやりやすそうな感じでした。

特に、本来の定位置である右サイドウイングで先発出場した仲川は2得点に絡むプレー見せ、マンオブザマッチ級の活躍。

 

仲川のゴールはまるでビジャのようだった

横浜の1点リードで迎えた試合終盤。

試合を決定づける追加点を奪ったのは、ハマの新幹線こと仲川輝人。

このゴールがめちゃくちゃ凄かった!

 

左サイドの髙野からの大きなサイドチェンジをピタリとトラップした仲川。

そして、すかさず磐田DFが仲川のチェックに行く。

次の瞬間、右足で少し前にボールを出し、DFをボール1つ分ほどずらして、めちゃくちゃコンパクトな足の振りで右足を振り抜き、左サイドネットにシュートを突き刺してみせた。

 

このゴール、元スペイン代表のゴールハンター/ビジャ(神戸)のように見えた。

ビジャは、左サイドから中にカットインして、DFを抜き切らずに、ワンテンポタイミングをずらして、シュートするのがうまい。

磐田戦での仲川のゴールは、そんなビジャに似たゴールだった。

 

仲川といえば、スピードがあるので相手DFに縦を切られることが多いので、今まではカットインして、左足でフィニッシュするパターンが多かった。

今回のゴールのように、カットインせずに、そのまま右足でフィニッシュ出来れば、さらに得点力が増すことになりそう。

 

マルコスの不調が気になる

いつものように仲川に息の合った絶妙なパスを供給。

時には2列目から、相手DFラインの裏に飛び出し、ゴールを狙う。

そして、中盤の底にポジションを落とし、ゲームを組立てる。

今や「横浜の王様」的な地位を築きつつあるマルコス・ジュニオール。

 

そんなマルコスですが、仙台戦に引き続き磐田戦でも単純なミスからチームのピンチを招くシーンが度々ありました。

相手ゴール前でボールをロストしたときも、切替えが遅く、歩いている。

なんてシーンが中断明けから、ちらほら見受けられるようになりました。

 

マルコスが絶好調でゴールを量産してるとき、チームを鼓舞するかのように、前線で覇気のあるプレーを見せていた姿は、どこへ行ったのか?

優勝へ向けて、マルコスの不調はちょっと心配な部分ではあります。

 

磐田のチーム状況は上向きに見える

結局、横浜に0-2で負けた磐田。

この日の内容を見ると、一時の絶不調とも言えるチーム状況は脱しているように見える。

 

現在リーグ3位と優勝争いしているチーム相手に、決定機をいくつか作り出し、その可能性を感じさせた磐田。

もし、その決定機をモノにして、先制点や同点弾を決めることができていたら・・・

結果は違ったものになっていたと思う。

 

試合後の磐田のボール支配率は45%

これめちゃくちゃ上出来です。

そして、マリノスのパス本数はいつもよりだいぶ少なかった。

それだけ磐田が横浜対策を施し、頑張っていたということですよね。

 

最後に・・・

今季、途中加入した磐田のFWルキアンはめちゃくちゃ良い選手ですね。

川崎Fとの試合でも、1人だけ別次元のプレーで何度も惜しいシーンを創出。

今回の横浜戦でも、JリーグNo.1センターバックとの呼び声が高いチアゴ・マルチンス相手に、1対1で上回りそうなシーンもありました。

奇跡の残留を目指す磐田の希望の星ですよね。

もし磐田が降格したら、ルキアンを狙うJ1クラブも出てきそうな予感!

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。