Jリーグ観戦記

2019J1第29節「横浜vs湘南」湘南を圧倒した横浜、欲を言えば大量得点が欲しかった!

やまもん
やまもん
どうも。ファンタジスタブレイン管理人のやまもんです。

本日はJ1第29節「横浜vs湘南」をDAZNにて観戦。

 

一足先に行われた首位鹿島は松本とドロー決着。

現在3位の横浜にとっては、首位との勝ち点差を詰める大チャンス。

 

一方の湘南は、ここ2試合は共に大敗。

パワハラ問題により監督交代した湘南は今季も残留争いに巻き込まれているので、横浜が相手と言えども勝ち点がほしいところ。

 

今回の記事は、「横浜vs湘南」のマッチレビューです。

やまもん
やまもん
試合の率直な感想などを書いていきます。

【横浜】終始湘南を圧倒した

前半開始から、まさにフルパワーで湘南ゴールに迫る横浜。

自陣からスムーズなパス交換で縦パスを入れるタイミングを狙い、ポジションを小マメに変えながら空いたスペースを突く。

いつも通りのサッカーで、序盤から多くのチャンスを作り出し、終始湘南を圧倒。

 

また自慢のパスワークだけなく、攻守の切り替えもハイレベルで、ボールを奪われた後は素早く数人で相手を囲い込みハイプレスで、ボールを奪い返す。

その結果、横浜の最終的なボール支配率は驚異の69%に達した。

 

ここにきて、チームの成熟度は一気に高まった感があり、今後にも大いに期待できる内容だった。

やまもん
やまもん
このまま連勝し続けて、首位にプレッシャーを与えて欲しいな~!

 

【横浜】もっと得失点を稼ぎたかった

横浜が絶好調で上り調子、そして対戦相手の湘南が絶不調ということもあり、横浜にとっては今季ベスト3に入るくらいの会心の内容だった。

試合後のスタッツを見ても

ボール支配率69%、シュート数18本

という圧倒的な数字だった。

にも関わらず、3-1という結果はあまりにも物足りないと感じてしまったのは、私だけだろうか?

 

29節を迎える前まで、首位鹿島の得失点差は+26。

そして横浜は+18。

その得失点差は8です。

 

湘南戦では、3-1ではなく5-0くらいになっていても、何ら不思議ではない内容だったので、少し悔やまれる結果になってしまったと私は思います。

 

ティーラトンと仲川が交代してから、攻撃に迫力がなくなり、チグハグなプレーも少なくなかった。

特に髙野は少し空回り気味でミスが多かったので、残念だった。

やまもん
やまもん
大混戦の優勝争いだけに最後は得失点が物を言うことも珍しくない!

 

【湘南】悔やまれる先制点

今節の横浜戦では終始圧倒されて、力の差を見せ付けられてしまった湘南。

しかし、セットプレーでは前半に2度の決定機があり、そのチャンスを活かして先制できていれば、試合はどうなっていたか分からなかっただろう。

 

それともう一つ、前半にパク・イルギュがミスキックしてゴールを入れられてしまったシーンがある。

この一連のプレーはオフサイドによって、ノーゴールとなってしまいまいた。

しかし、リプレイを見る限りではオンサイドに見えました。

全然クローズアップされてませんが、湘南にしてみれば、本当にアンラッキーな誤審でした。

後で見直したら、普通にオフサイドでした。笑

失礼しました~。

 

【湘南】前線の怖さは皆無!改善の余地あり

横浜対策として湘南は、前線から比較的きつめのプレスをして、高い位置で引っかけるのが狙いだったようですが、横浜の上手いビルドアップを捕まえ切れず試合終了。

高い位置で奪えないので、攻撃開始地点がどうしても相手のゴールから離れたところからのスタートとなります。

その際、最前線の山崎はボールを全然収めることができないので、タメが作れず、味方が上がる前にボールロストとなるため、分厚い攻撃ができない状態でした。

 

山崎ではなく、途中から出場したクリスランは前所属チームでなかなかえげついゴールを決めてたような気がするけど、なぜベンチスタートなんでしょうか?

まぁ、そんなクリスランも横浜DFの畠中に完封されていたので、コンディションが上がっていない可能性も大です。

 

攻撃関係ないけど、湘南の19歳DF坂圭祐はガッツあるし、粘り強い守備するし、良い選手やな~!って思いました。

やまもん
やまもん
湘南は残留に向けて、厳しい戦いが続きそうな内容でした。

 


以上、「横浜vs湘南」マッチレビューでした。

 

29節を終えて、横浜は首位鹿島に勝ち点1差に迫ることができました。

残り5試合、チーム状態などを見るに、十分に優勝を狙えるので是非とも頑張ってほしい。

 

湘南はパワハラ問題以降は良いところなく、チームがバラバラになっているような印象がある。

選手個々の能力が高くないだけに「チームの団結」が残留の鍵になると思います。

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。