初心者講座

【サッカーの基礎知識】基本的な6種類のキックとは?

やまもん
やまもん
どうも。管理人のやまもんです。

サッカーというスポーツは、ボールを蹴って相手のゴールに入れ合うスポーツです。

サッカーにおいて、蹴るという動作は、基本中の基本と言えるでしょう。

サッカーでは「ボールを蹴る」という動作のことを「キック」と言います。

サッカーのパスやシュートなどは、キック(ボールを蹴ること)によって成り立ちます。

今回はサッカー初心者の方向けに、基本的なキックの種類について解説していきます。

 

インサイドキック

蹴り方

足の内側「くるぶし」辺りでボールを蹴る。

特徴

サッカーの基本中の基本といえるキック。

サッカーにおいて1番正確にボールを飛ばすことができる蹴り方である。

インサイドキックはボールを浮かさず転がして蹴るのが基本。

ボールのスピードは弱くなりがち。(プロの選手はインサイドキックでも比較的速いボールを蹴ることができる)

海外の一流選手は、このインサイドキックのボールスピードがかなり速い。

使い所

主にショートパスやシュートに使用される。

正確にボールを飛ばすことができるので、至近距離からのシュートを確実に決めたいときに使用すると効果的。

やまもん
やまもん
インサイドキックのボールスピードが速い選手ほど、凄いプレイヤー!と言われています。

 

インステップキック

蹴り方

足の「甲」でボールを蹴る。

特徴

インサイドキックよりも、より速くて強い軌道のボールを蹴ることができる。

浮き球を蹴りたいときは、主にインステップキックが使用される。

サッカーにおいて、基本中の基本と呼ぶべきキックである。

使い所

ゴールキック、シュート、ロングパスなど様々な場面で使用される。

遠くにいる味方へのパスや、ゴールから離れた地点からのシュート時は、ボールスピードが求められる為、インステップキックが最適である。

やまもん
やまもん
サイドキックの次によく使う基本的なキックです。

 

インフロントキック

蹴り方

足の親指の少し上あたりでボールを蹴る。

特徴

足の親指付近でボールをこすりあげるように蹴るとボールに回転がかかってカーブする。

右足でこするように蹴ると左に曲がり、左足でこするように蹴ると右に曲がる。

蹴り方にもよるがボールのスピードは比較的弱くなりがちである。

使い所

コーナーキック、センタリング、フリーキックなどによく使用される。

(※センタリング・・・サイドからゴール前へボールを蹴ること)

やまもん
やまもん
元日本代表の中村俊輔はインフロントキックでフリーキックを蹴ることが多い。

 

アウトサイドキック

蹴り方

足の「小指」の少し上あたりでボールを蹴る。

特徴

非常にテクニカルなキックで高度な技術が必要である。

ボールをこすりあげるように蹴るとインフロントと真逆の方向にカーブする。

右足の小指あたりでこすると右に曲がり、左足の小指でこすると左に曲がる。

使い所

パス、シュートなど様々な場面で使用される。

利き足ではない方の足で蹴ると極端に精度が落ちる選手がよく使用している印象。

やまもん
やまもん
テクニカルな選手ほど、アウトサイドキックはうまい印象です。

 

ヒールキック

蹴り方

足の「かかと」でボールを蹴る。

特徴

基本的にはサイドキック以上にボールのスピードが遅い。

ヒールキックは意外性が高く、相手の意表を突くことができるので読まれにくい。

ヒールキックでのパスが決まれば、かなりオシャレでカッコイイ!

その反面、使い所が難しく、広い視野がないと上手く使いこなすことができない。

使い所

密集地帯でヒールキックを使用すると効果的である。

相手選手だけでなく味方選手も意表を突かれることが多いので仲間同士の連携が高くないと成功しない。

やまもん
やまもん
ヒールキックは、相手を翻弄ですることできるオシャレなキックです。

 

トーキック

蹴り方

足の「つま先」でボールを蹴る。

特徴

足を振りかぶることなくボールを蹴れるので相手選手に読まれづらい。

つま先でボールを蹴るので爪が割れたりすることもあるので、爪の手入れに細心の注意が必要。

また何回もトーキックを使うと、スパイクの先が破れることが多い。

特に天然皮スパイクは表面が柔らかい為、特に破れやすいので注意。

ボールの中心より、やや上をトーキックするとドライブがかかることもある。

(※ドライブ・・・鋭くボールが落ちる)

余談だが私が小学生の頃、トーキックをするとよくコーチに怒られた記憶がある。

蹴り方としては、邪道とも言えるキックである。

使い所

密集地帯でのシュートにトーキックを使用すると有効である。

密集地帯では相手が多いので、キックモーションが大きいと相手にブロックされてしまう。

トーキックならキックモーションがほぼなしでシュートを打てるので相手にブロックされづらい。

またキーパーも非常にタイミングが取りづらいキックなので、キーパー泣かせキックでもある。

(※キックモーション・・・蹴る動作、振りかぶる動作)

やまもん
やまもん
買いたてのスパイクでトーキックはやりたくない!

 


以上、サッカーの基本的なキックでした。

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。