初心者講座

サッカーのファール(反則)について学ぼう

やまもん
やまもん
どうも。管理人のやまもんです。

サッカーでは反則行為のことを『ファール』と言う。

『ファール』は危険度によって退場処分になったり、『ファール』の位置によっては得点の大チャンスとも言えるPKになったりと試合の勝敗に大きな影響を与えます。

『ファール』には様々な種類やシステムが存在するので、サッカーをあまり知らない人にとっては覚えるのも一苦労でしょう。

『ファール』について詳しく知らないと、サッカーを見ているときに「なぜ今プレーが止まっているのか?」「なぜ退場になったのか?」と疑問ばかりでストレスが溜まってしまいます。

そこで今回はサッカーの『ファール』について、詳しく解説していこうと思います。

危険度により異なる処遇

ファールの危険度によって、審判から受ける処分の重さは異なります。

ファールが悪質になるにつれて、選手にとって厳しいジャッジが下されることになります。

ホイッスルのみ【危険度・極小】

危険度が極めて低いファールは審判から何も言われず、ただただファール判定の笛を吹かれるだけである。

ゴールから遠い位置での軽度なファールはほとんどこれに当たる。

注意【危険度・小】

少し危険なファールを犯したとき、審判に口頭で『注意』を促されることがある。

注意されるだけで特に何の処分もないが、何度も同じファールを繰り返してしまうと重いジャッジが下されることもある。

イエローカード(警告)【危険度・中】

危険なファールを犯すと審判により『イエローカード(警告)』が提示される。

『イエローカード』は1試合で2枚貰ってしまうと退場処分となる。

よって1枚『イエローカード』を貰った選手は、やや消極的なプレーを余儀なくされる。

またリーグ戦やカップ戦などでは、『イエローカード』の累積により出場停止になる。(イエローカードの累積3~4枚目で次節出場停止というのが一般的である)

レッドカード(退場)

極めて危険なファールを犯した場合、審判により『レッドカード』が提示され、退場処分となる。

サッカーは試合中に退場になった場合、代わりの選手を投入できないのでチームにとって大きな痛手となる。(退場者が出た瞬間から試合終了まで数位的不利の状態で戦わなくてはならない)

主に暴力行為や得点阻止によるファールを犯すと『レッドカード』の対象となる。

監督やコーチが審判の判定に不満があり、審判に対して執拗な抗議をした場合、選手ではないにも関わらず『退席処分』になることもある。退席した監督やコーチはベンチから退かなければならない為、選手への指示が不可能になる。

 

基本的なファール

ハンド

【フィールドプレイヤーは手を使えない】

キーパー以外のフィールドプレイヤーが手でボールに触るとファールになります。

脇を閉じていた場合は、肘から上の部分に当たっても基本的には『ハンド』になりません。

Aチームの選手が『ハンド』を犯した場合、その場からBチームボールのフリーキックによって試合が再開されます。

ただしペナルティエリア内で『ハンド』してしまった場合、PKになります。

シュート時やパス時によく手に当たったりすることがあるので、ゴール前の守備時に手を後ろに回す選手もいます。

【キーパーがハンドになる場合もある】

サッカーで唯一、手を使ってプレーすることができるキーパー。

しかしキーパーが手を使って良い場所は限られています。

自陣のペナルティエリア内のみ手を使うことが許されています。

ペナルティエリア以外で手を使うと『ハンド』になるので注意です。

足をかける

ボールを持っている選手からボールを奪おうとして相手選手に足をかけてしまった場合はファールになります。

『足をかける』もしくわ『足をかけてしまう』はサッカーの試合で1番多いファールと言っても良いでしょう。

足を踏む

ボールを持っている選手からボールを奪おうとして相手選手の足を踏みつけてしまった場合はファールになります。

スパイクの裏は硬くてポイントがあるので踏まれると結構痛いです。打撲などの怪我になることもある。

足の裏を見せる

サッカーでは相手に『足の裏を見せる』プレーをするとファールになります。

【警告や退場の対象になることもある】

サッカーのスパイクの裏は硬いポイントで形成されている為、『足の裏を見せる』プレーは非常に危険な行為だと見なされ、イエローカードやレッドカードが出ることも少なくありません。

足の裏を見せたスライディングが相手選手の足に当たった場合、イエローカードやレッドカードの対象になることもあります。

【足の上げすぎに注意】

また混雑している場所で頭の高さにあるボールに対し、足でボールを処理するとファールになります。(周りに相手選手がいない場合はファールにならない)

足の上げすぎで相手の顔などに当たってしまった場合は、イエローカードやレッドカードの対象になります。

引っ張る

相手の服や体を引っ張った場合はファールとなります。

攻撃する相手に置き去りにされたときは、つい反射的に服などを引っ張ってしまうものです。

プッシング(押す)

相手選手を手で押してしまうとファールになります。

肩で相手選手を押した場合、基本的にはファールになりませんが、過度なショルダータックル(肩で相手選手にぶつかる)をしてしまうと、ファールになることもあります。

 

応用ファール

オブストラクション

サッカーを知らない人がこの名前だけ聞くと、何のことかまったく見当もつきません。

簡単に言うと、ボールに関係の無いところでの妨害行為です。

【進路妨害】

パスを出された選手がボールに向かって走っているところに、その走行進路の邪魔をしてしまうと『オブストラクション』の対象になります。

【セットプレーで発生しやすい】

『オブストラクション』が起こりやすい場所はコーナーキックやフリーキックなどのセットプレー時です。

マークが少しでもずれてしまうと失点につながるので、守備の選手は厳しく執拗にマークしなければならず『オブストラクション』が起こりやすいのです。

オフサイド

サッカーをあまり知らない人にとっては理解するのが凄く難しいファールの1つです。

よく『オフサイドって何?どういうこと?』と質問されることがあります。

【相手DF達の背後でボールを受けると反則】

敵陣に向かって攻めているときに、相手DFが3人いたとしましょう。

相手GKを除く、相手DF3人の背後でボールを受けると『オフサイド』の判定になります。

【キックする瞬間がポイント】

キック(パス)したときにDFの手前にいれば『オフサイド』ではない。

キックした瞬間はDFの手前にいて、そのパスが受け手の選手に向かっているときにDF達の背後にいても『オフサイド』にはならない。

キック(パス)したときの受け手選手の位置に注目して見れば『オフサイド』を見分けることができる。

シュミレーション

サッカーでは審判を欺く行為を『シュミレーション』と呼びます。

【偽造工作】

『シュミレーション』とは、足が掛かっていないにも関わらず、あたかも足が掛かったかのようにわざと倒れて、ファールを貰おうとする行為です。

【見破られると警告を受けることになる】

審判をうまく欺くことができれば、相手のファールとなるのですが・・・

わざと倒れたことがバレてしまうとイエローカードの対象になってしまいます。

【審判も人間だから誤審も起こる】

審判も人間なので、誤審が起こることもしばしば見受けられます。

本当は足が掛かっているのに『シュミレーション』を取られてしまうといった不運も起こりうる。

また逆もあり、攻撃側の選手が『シュミレーション』したにも関わらず、守備側のファールという判定にされることもあります。

プロの世界だと倒れ方が上手い選手もいたりするので、人間の目で『シュミレーション』を100%見破ることは不可能だと思います。

※誤審に関しては、シュミレーションに限ったことではなく全てのファールに起こり得る可能性があります

遅延行為

リードしているチームがセットプレーなどで、故意に試合の時間を遅らせる行為をした場合は『遅延行為』と見なされイエローカードの対象になります。

【リードしているチームは注意】

リードしているチームの選手がコーナーキックやゴールキックなどで、なかなかボールを蹴らなかったり、スローイングをなかなか投げないでいると『遅延行為』の判定を受けることになります。

これは意図的でなくとも、『遅延行為』と見なされることが多いです。

反対にリードされているチームがセットプレーなどで時間をかけても、そう簡単には『遅延行為』を取られることはない。

【すみやかにプレーを止めよう】

審判の笛によってジャッジされているのにも関わらず、プレーを続行してシュートを放つなどの行為をした場合は『遅延行為』の対象になります。

オフサイドの判定で笛を鳴っているのにも関わらず、シュートを放ってしまいイエローカードをもらう選手が非常に多い。

【選手交代は速やかに】

リードしているチームの選手が交代を命じられたとき、ノロノロと歩いてピッチを退いたりすると『遅延行為』と見なされます。

交代による『遅延行為』で2枚目のイエローカードをもらってしまい退場になる選手も稀にいます。

交代を命じられた選手は、最短ルートで速やかにコートを退かねばならない。

【警告対象外の時間稼ぎ】

プロの試合では勝っているチームの選手が試合終盤になると、接触プレーの際に過剰に痛がり時間を稼ぎをすることがある。

実際はそんなに痛くないはずなのですが時間稼ぎの為、地面に寝転がりながら痛い演技をするのです。

この場合は、審判側も本当に痛がっているのか?そうではないのか?判断ができない為、演技であっても遅延行為による警告を受けることはほぼありません。

しかし実際はプレーが止まると審判も試合時間を止めるので、時間稼ぎの効果はさほどないと思われます。(止まった時間が多いと、その分ロスタイムも長くなる)

ただ負けているチームの選手はそういう行為に対してイライラすることがあるので、リードされている相手のメンタル(精神力)に多少のダメージを与えられるというメリットもあるかもしれない。

暴言

汚い言葉は慎もう

試合中に相手選手や審判に対して『暴言』などを吐くとイエローカードの対象となってしまうことがある。

『暴言』の内容によってはレッドカードになることもあり得る。

意義申し立ては

プロの試合でよく見かけるのは、ファールの判定に不満を持った選手が審判に対して意義を唱え、イエローカードを貰ってしまうというシーンが多い。

これは選手だけでなく、ベンチにいる監督やコーチなども抗議や意義を唱える』と警告や退席処分になることもある。

人種差別

『人種差別的発言』はレッドカードの対象になり、さらに数試合の出場停止処分になるケースもあり得る。

プロサッカー界では最悪の場合、クラブ側に罰金を命じることもある。

近年、プロサッカー界では人種差別に対し、かなり重いペナルティが課せられる。

サッカー選手生命を脅かす大きな問題になりかねない。

暴力行為

相手選手を殴ったり、蹴ったりすると問答無用でレッドカードの対象になる。

また故意でなくとも、試合中のエルボー(肘打ち)はレッドカードになることも少なくない。

いかなる理由があろうとも『明確な暴力行為』は99%退場処分になります。

悪質な暴力行為をおこなった選手には数試合の出場停止処分が課せられることもある。

 


以上、サッカーのファールについての解説でした。

ファールについての知識が付くと、サッカー観戦しているときに

やまもん
やまもん
今のはファールだろ!

っていう風に盛り上がれることもあるかもしれませんね。

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。