プレミアリーグ

プレミアリーグ(フットボールリーグ)の歴代優勝チームを振り返る

イングランド1部リーグの歴代優勝チーム

フットボールリーグ時代の優勝チーム

シーズン優勝チーム
1888-89プレストン・ノースエンド 
1889-90プレストン・ノースエンド 
1890-91 エヴァートン
1891-92 サンダーランド
1892-93 サンダーランド
1893-94 アストン・ヴィラ
1894-95 サンダーランド
1895-96 アストン・ヴィラ
1896-97 アストン・ヴィラ
1897-98 シェフィールド・U
1898-99 アストン・ヴィラ
1899-00 アストン・ヴィラ
1900-01 リヴァプール
1901-02 サンダーランド
1902-03 ザ・ウェンズデイ
1903-04 ザ・ウェンズデイ
1904-05 ニューカッスル
1905-06リヴァプール 
1906-07 ニューカッスル
1907-08 マンチェスター・U
1908-09 ニューカッスル
1909-10 アストン・ヴィラ
1910-11 マンチェスター・U
1911-12 ブラックバーン
1912-13サンダーランド 
1913-14 ブラックバーン
1914-15 エヴァートン
1915-19戦争により不開催
1919-20 ウェスト・ブロムウィッチ
1920-21 バーンリー
1921-22 リヴァプール
1922-23 リヴァプール
1923-24 ハダースフィールド
1924-25 ハダースフィールド
1925-26 ハダースフィールド
1926-27 ニューカッスル
1927-28 エヴァートン
1928-29 ザ・ウェンズデイ
1929-30 シェフィールド・W
1930-31 アーセナル
1931-32 エヴァートン
1932-33 アーセナル
1933-34 アーセナル
1934-35 アーセナル
1935-36 サンダーランド
1936-37 マンチェスター・C
1937-38 アーセナル
1938-39 エヴァートン
1939-46戦争により不開催
1946-47 リヴァプール
1947-48 アーセナル
1948-49 ポーツマス
1949-50 ポーツマス
1950-51 トッテナム
1951-52 マンチェスター・U
1952-53 アーセナル
1953-54 ウルヴァーハンプトン
1954-55 チェルシー
1955-56 マンチェスター・U
1956-57 マンチェスター・U
1957-58 ウルヴァーハンプトン
1958-59 ウルヴァーハンプトン
1959-60 バーンリー
1960-61 トッテナム
1961-62 イプスウィッチ
1962-63 エヴァートン
1963-64 リヴァプール
1964-65 マンチェスター・U
1965-66 リヴァプール
1966-67 マンチェスター・U
1967-68 マンチェスター・C
1968-69 リーズ・ユナイテッド
1969-70 エヴァートン
1970-71 アーセナル
1971-72 ダービー・カウンティ
1972-73 リヴァプール
1973-74 リーズ・ユナイテッド
1974-75 ダービー・カウンティ
1975-76 リヴァプール
1976-77 リヴァプール
1977-78 ノッティンガム
1978-79 リヴァプール
1979-80 リヴァプール
1980-81 アストン・ヴィラ
1981-82 リヴァプール
1982-83 リヴァプール
1983-84 リヴァプール
1984-85 エヴァートン
1985-86 リヴァプール
1986-87 エヴァートン
1987-88 リヴァプール
1988-89 アーセナル
1989-90 リヴァプール
1990-91 アーセナル
1991-92 リーズ・ユナイテッド

※上記の表は、当時のトップカテゴリーである『ディビジョン1(1部)』の優勝チームを掲載しています。

フットボールリーグ優勝回数ランキング

順位チーム名優勝回数
1リヴァプール18
2アーセナル10
3エヴァートン9
4アストン・ヴィラ7
 マンチェスター・U7
6サンダーランド6
7シェフィールド・W4
 ニューカッスル4
9リーズ3
 ハダーズフィールド3
 ウルヴァーハンプトン3

 

プレミアリーグ歴代優勝チーム

シーズン優勝チーム
1992-93マンチェスター・U
1993-94マンチェスター・U
1994-95ブラックバーン
1995-96マンチェスター・U
1996-97マンチェスター・U
1997-98アーセナル
1998-99マンチェスター・U
1999-00マンチェスター・U
2000-01マンチェスター・U
2001-02アーセナル
2002-03マンチェスター・U
2003-04アーセナル
2004-05チェルシー
2005-06チェルシー
2006-07マンチェスター・U
2007-08マンチェスター・U
2008-09マンチェスター・U
2009-10チェルシー
2010-11マンチェスター・U
2011-12マンチェスター・C
2012-13マンチェスター・U
2013-14マンチェスター・C
2014-15チェルシー
2015-16レスター・シティ
2016-17チェルシー

 

プレミアリーグ優勝回数ランキング

順位チーム名優勝回数
1マンチェスター・U13
2チェルシー5
3アーセナル3
4マンチェスター・C2
5レスター・シティ1
 ブラックバーン1

 

イングランド1部リーグの覇権争い

1892~1915 現在と全く異なる勢力図

フットボールリーグ(当時のイングランドトップリーグ)が開幕したての頃、最も強かったクラブチームはアストン・ヴィラであった。1892年にフットボールリーグが創設されてから1900年までの間に5度のリーグ制覇を成し遂げた。

フットボールリーグ創設初期はアストン・ヴィラと共にリーグ優勝を分け合っていたサンダーランドも強豪として君臨していた。

1904年からはニューカッスルが3度、ブラックバーンが2度のリーグ優勝を果たし、フットボールリーグの覇権争いを演じた。

1915年~1919年の間、第一次世界大戦によりフットボールリーグは開催されなかった。この時代、私たちの日本はサッカーの「サ」の文字も伝わっていなかったことだろう。そんな時代に立派なサッカーリーグが存在していたということ自体が不思議でしょうがない。さすがはサッカー発祥の地イングランドです。

1919~1939 30年代からアーセナルが一時代を築く

この時代の序盤はリバプールがリーグ連覇、そしてハダースフィールド・タウンがリーグ3連覇を達成。

1930年代に入るとアーセナルがフットボールリーグの中心へと変化していった。

アーセナルは1930~1939シーズンの間に3連覇を含む、5度のリーグ優勝を果たし、一時代を築いた。

1939年~1946年まで第二次世界大戦の影響によりリーグ戦は開催されなかった。

1946~1972 群雄割拠→マンUの栄光

この時代は様々なチームがリーグチャンピオンに輝いた。リヴァプール、アーセナル、トッテナム、チェルシー、マンチェスター・シティといった現在の強豪クラブたちがそれぞれ数回の優勝を経験。そしてエヴァートン、ポーツマス、バーンリーといったチームもリーグ王者となった。

数多くのチームが優勝を分け合った時代だったが、1960年代後半はマンチェスター・ユナイテッドが黄金期を迎えることとなる。ボビー・チャールトンやジョージ・ベストといったスター選手を擁して、フットボールリーグに強いインパクトを残した。第二次世界大戦で本拠地オールド・トラフォードが被災、さらにミュンヘンの悲劇で主力メンバーを失ったマンチェスター・ユナイテッドは見事な立ち直りを見せて、この時期の栄光を勝ち取ったのである。

1972~1992 リバプール黄金期時代

1972年からリバプールがフットボールリーグの絶対的王者となる。この時代にリバプールは実に11度のリーグ制覇を成し遂げて、黄金時代を築いた。数多くのリーグ優勝と共に欧州No.1クラブを決める大会UEFAチャンピオンズリーグを4度も制覇した。また公式戦ホーム85戦無敗(約3年間)という、とんでもない記録を残した。

リバプールが絶対的王者として君臨する中、1984年以降はエヴァートンとアーセナルが2回ずつリーグ優勝し、強豪チームとしての面目を保った。

1992~1997 プレミアリーグ誕生

1992年にプレミアリーグが誕生!フットボールリーグに変わって、プレミアリーグがイングランドサッカーリーグのトップリーグとなった。1992年以前のフットボールリーグはプレミアリーグの下のカテゴリーという位置づけに設定された。

【イングランドリーグのカテゴリー】

リーグ名カテゴリー
プレミアリーグ

1部リーグ相当

フットボールリーグ

(Division1)

2部リーグ相当

フットボールリーグ

(Division2)

3部リーグ相当

フットボールリーグ

(Division3)

4部リーグ相当

【プレミア誕生後に覇権を握ったのはマンUだった】

1992年以前のフットボールリーグ時代の終盤に20年もの長い期間、黄金期を築いたリバプールに変わって、発足したてのプレミアリーグを牽引したクラブチームはマンチェスター・ユナイテッドだった。

プレミアリーグ開幕後の5シーズンで4回のリーグ優勝を成し遂げたマンチェスター・ユナイテッドがリーグの覇権を握る形となった。

1997~2004 2強時代の到来

プレミアリーグ発足初期に圧倒的な強さで、リーグ優勝を総ナメしていたマンチェスター・ユナイテッドのライバルとして名乗りを上げたのがアーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルだった。

この時期にリーグ制覇したのは、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの2チームのみ。しかもこの2チームがリーグ戦の1位、2位となることが非常に多かった。

この時代のプレミアリーグはマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの2強と言える時代だった。

2004~2010 ビッグ4時代に突入

この時期はマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リヴァプールの4チームがリーグ戦の上位を独占。この4チームはプレミアリーグの「ビッグ4」と言われた。毎年のようにこの4チームが優勝争いを繰り広げて、他チームを寄せつけない強さを見せていた。

特にチェルシーの台頭は著しく、豊富な資金力をバックに大物選手を次々に補強。その結果、3度のリーグ制覇を成し遂げた。

またマンチェスター・ユナイテッドの強さも相変わらず衰えることはなく、2006-2007シーズンから3連覇を達成している。

2010~現在 シティが覇権争いに加わる

圧倒的な資金力で戦力を整えたマンチェスター・シティがプレミアリーグ優勝争いに加わった。またマンチェスター・シティと共にトッテナムも上位争いに名乗りを上げ、以前の「ビッグ4」にこの2チームを加えた6チームが毎年上位で凌ぎを削っている。

近年はマンチェスター・シティとチェルシーがそれぞれ2回ずつリーグ制覇し、プレミアリーグの覇権争いで1歩リードしている印象がある。

プレミアリーグNo.1の名門マンチェスター・ユナイテッドはここ数年間トップ3に入ることができず、プレミア創設以来1番の低迷期となっている。

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。