初心者講座

サッカーの背番号ってどんな意味があるの?

やまもん
やまもん
どうも。管理人のやまもんです。

サッカーのことをあまり知らない人は、背番号って何の意味があるの?

背番号ってテキトーに決めているの?

といった疑問を持っている人が非常に多いです。

そこで今回は、サッカーの背番号が持つ意味について考えてみました。

背番号には暗黙のルールがある?

基本的に、1~11までの番号がレギュラーの選手が付ける背番号と言えます。

またサッカーの背番号にも、野球やバスケットなどと同じようにエースナンバーと言われている番号が存在します。

そして、どの選手がどの背番号を付けるのか?ということは、ある程度決まっています。

基本的には、数字が低い背番号(1~6)は守備的なポジションの選手が付け、数字が高い番号(7~11)は攻撃的なポジションの選手が付けるというのが定番です。

これらのことは、決まりではないが、サッカーの暗黙のルールみたいな感じになっています。

 

GK(キーパー)がつける背番号

キーパーの背番号と言えば『1』です。

だいたいレギュラーのキーパーがつける背番号は『1』なのです。

また控えキーパーがつける背番号は二桁の番号になります。

キーパーが『1』以外の一桁の番号をつけることはない!

やまもん
やまもん
元日本代表の川口能活は21番を付けていた。

 

DF(ディフェンス)の選手がつける背番号

一桁の低い背番号はDFの証!

『2』『3』『4』『5』といった背番号は守備の選手がつけることが多いです。

サッカーは自陣のゴールに近いポジション程、低い背番号を着用するのが基本です。

3番と4番は、センターバック

2番と5番は、サイドバックのイメージが強い。

やまもん
やまもん
これは、個人的なイメージです。

 

MF(ミッドフィルダー)の選手がつける背番号

中盤の選手は『6』『7』『8』『10』『14』といった背番号をつけるのが定番である。

6番は、守備的MFのイメージが強い。

7番は、攻撃型MFで司令塔の選手がつけるイメージが強い。

8番は、攻撃的MFでドリブルや飛び出しを武器とする選手が付けるイメージが強い。

10番は、チーム随一のテクニシャンが付ける背番号。10番は、サッカーにおいて、真のエースプレイヤーが付けるスペシャルな背番号なのです。

ただし、近年は10番の神聖なイメージが徐々に崩壊しつつある。

14番は、元々レギュラー番号ではないはずだが、近年は力のある選手が好んで付ける傾向がある。テクニシャンやドリブラーの選手のイメージが強い。

 

前線(FW)の選手がつける背番号

『9』『11』といった背番号はFWが付けるのが定番です。

特に9番は、サッカーでエースストライカー(点取り屋)がつけるべき背番号です。

また11番も9番に負けず劣らず、FWのイメージが強い背番号である。

やまもん
やまもん
11番といえば、キングKAZUのイメージが強い!

その他の背番号は、それほどFWのイメージが強い番号はないが、13番や18番は比較的FWのイメージが強い背番号です。

 

4番が未来のエースナンバー?

先ほども言いましたが『4』といえば、センターバックのイメージが強い番号です。

ですが、つい最近まで、日本代表で攻撃的なポジションを担っていた本田圭祐は背番号『4』を付けていました。

1990年代頃までは、4番といえばガチガチなセンターバックのイメージが強かったのですが、最近ではそのイメージが少しづつ変化してきているのだ。

海外の選手では、抜群の攻撃センスを持っているスペイン代表セスク・ファブレガスがクラブチームで長年『4』を着用。

そして元イングランド代表の重鎮スティーブン・ジェラードもバリバリの中盤なのに『4』をつけています。

あとは、オーストラリア代表のFWティム・ケーヒルも『4』です。

各国代表のすごい選手たちが、好んで4番を付けているので

最近では、各国の名選手を真似て『4』を希望する選手も徐々に増えつつあるのだとか。

近い将来『4』が攻撃のエースナンバー級の背番号になる可能性もなくはないと思います。

 

背番号は選手を成長させる

背番号なんてものに意味はない!と言う人もいるかもしれません。

しかし、どんなチームにも必ずやエースナンバーと言われる神聖な背番号が存在する。(基本的には10番が神聖なる背番号に該当する)

例えば、Jリーグのセレッソ大阪では『8』がエースナンバーである。

セレッソの『8』は森島、清武、柿谷などセレッソの象徴とも言える選手達がつけてきた。

その偉大な前任者達の意思を受け継ぎ、エースナンバーを背負ったものは、その計り知れないプレッシャーと日々戦い続け、そのプレッシャーを跳ね返した者には成長という大きな勲章が与えられる。

エースナンバーを背負うということは、そのチームそのものを背負うということに他ならない。

代表であればそのプレッシャーはさらに大きくなる。大袈裟に言えば、国そのものを背負うことになるのだ。

その重過ぎるプレッシャーを背負い、その重過ぎるプレッシャーに打ち勝った者だけが英雄(スター選手)になれる。

背番号は選手に栄光を与えるものであり、時に選手を潰してしまうこともある。

背番号がサッカー選手に与える影響は物凄く大きいものなのだ。

やまもん
やまもん
背番号は選手を成長させてくれるのだ。

 


まとめ

以上、サッカーの背番号が持つ意味について、でした。

いかがだったでしょうか?少しはサッカーの背番号について理解できましたか?

今後サッカーの試合を見る際は、背番号に少し注目してみてください。

なにか新しい楽しみが発見できるかもしれません。

やまもん
やまもん
これらの見解は、あくまで私個人の偏見による考えですので、参考までに!

ABOUT ME
kenta
無類のJリーグ好き!プレミアリーグもたまに見ます!DAZNをフル活用し、年間約100試合ほどサッカーの試合を観ています。好きなチームは横浜Fマリノス、マンチェスターシティ、イタリア代表。好きな選手は中澤祐二、デルピエロ、トッティです。